プロフィール

あきパパちゃん

Author:あきパパちゃん
娘と息子と奥さんが幸せに暮らすためには、まずは自分が楽しまないとという、勝手な考えを持つパパです。といいつつ、本当は家族を心から愛する照れ屋さんのパパです。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスカウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

メールはこちらから

ご意見・ご質問などお待ちしております

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初日の出

元旦は娘と二人で大山に登りました。初日の出を見るためです。

朝5時に家を出て駅まで歩いて行きました。大晦日から10分間隔でバスが動いていて、駅に着いたらすぐに乗れました。
そこから20分くらいで参道の入り口に着きました。駐車場はかなりの列が出来ていました。この人たちは間に合わないのだろうと横目に見つつ、参道を登ってケーブルカー駅に着きました。

ケーブルカーも10分間隔で動いていたので、すぐに乗れました。
バスもケーブルカーも座れてらくちんでした。

神社の下社に着いたのが6時ちょうどくらいで、その日の日の出は6時45分なので、つきたてもお持ちを頂きながら日の出を待ちました。(おもちは無料で配られます。やわらかくておいしかったです)

かなり多くの人が来られてて、下社でこれだから上社はもっとだろうと思います。ケーブルカーではなく、ちゃんと登山の恰好をして来ている人も多かったです。

日の出の時間が近づいてきて、神社からは「君が代」が流れてきました。おお~っとざわめきが起こり始め、みんなが海側に集中しています。
すると娘が「パパ、トイレ」と言いました。「今いいところだから我慢できない?」と聞いたら、「我慢できない」という返事でした。

仕方なく、最高の瞬間、みんなが景色に集中するなか人をかきわけ、なんとかトイレに着きました。
用を足して戻ると、みなさんは逆に帰り支度をしていました。せっかく望遠レンズと三脚まで用意したのに・・・何のために来たのだろうと思いつつ、人がいなくなったところで写真を撮りました。

H25初日の出 (2)
水面から日が昇ることはまれで、ほとんどが雲のすきまとか、雲の上からの日の出になるそうです。

H25初日の出 (1)
江の島が見えます。雲がなければ最高でした。

そのあと、お店でお汁粉を食べました。娘は無料のものと合わせて3こも食べました。

帰りに参道のお店で大山コマを買って、バスで帰ってきました。帰りは二人ともバスの中で熟睡していました。

間の悪さは遺伝だったことが分かった元旦でした。親といっしょで苦労に向かって進んでしまう人生になるのでしょうか?苦労が身になるような性分になることを祈りつつ、元旦の計としました。まとまったでしょうか。
スポンサーサイト

<< 7歳の誕生日プレゼント | ホーム | 平成24年クリスマスプレゼント >>


Comment

ハゲてても大丈夫

kp61l02e
ハゲでも出会えた!
俺みたいなハゲでもチョメチョメできたよ!
神様ありがとう!
http://1A6810nf.masa-son.com/1A6810nf/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。