プロフィール

あきパパちゃん

Author:あきパパちゃん
娘と息子と奥さんが幸せに暮らすためには、まずは自分が楽しまないとという、勝手な考えを持つパパです。といいつつ、本当は家族を心から愛する照れ屋さんのパパです。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスカウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

メールはこちらから

ご意見・ご質問などお待ちしております

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成24年クリスマスプレゼント

大分遅い報告となりました。昨年末のクリスマスプレゼントです。

今回は半年前からの本人の希望により、こちらになりました。
H24クリプリ (2)
キックボードです。

お店で見てすぐ「サンタさんにお願いする」と、言いました。
夏の事だったので、普段おもちゃを買ってあげていないから、今でもいいのかなと思い値札を見たら、なんと!15,000円でした。
じゃあ、サンタさんにお願いしようということで、アマゾンを通して手に入れました。

ちょうどその頃同僚と話をしていて、同僚の子供は1つ年下なのですが、「25日の朝だと喜ぶ顔が見られないから、うちは24日の朝枕元に置くんです」というのです。確かにそうだと思い、奥さんに相談し、同じようにしました。奥さんは難色を示していましたが、しぶしぶ納得してくれました。

それと、後輩からは「うちはクリスマスの夜はケーキをメインにするんです。だって、ケンタッキーとかでお腹いっぱいになってからケーキ食べても苦しいだけじゃないですか。本当に美味しい物を一番美味しく食べるには、空腹の状態が一番っすよ」と言われ、確かにその通りだなと思い、奥さんに相談しました。
そして、うちは「じゃあ24日の3時のおやつの時間にしよう」ということになりました。


そして、24日の朝クリスマスプレゼントが枕元にあるように、23日の夜中、娘が寝てから置くことになりました。
話は変わりますが、11月17日からエヴァンゲリオン劇場版「破」が上映されていて、そろそろロードショーが終わってしまうことに気づき、息子も落ち着いてきたので、お風呂入れたあと、22時開演に合わせて映画を1人で観に行きました。
帰ってきたのが夜中の1時ごろ。プレゼントを置くには絶好の時間です。
プレゼントの箱を横にして2階から3階に運びました。部屋に入れてそのまま置いてみましたが、やはり長方形だから縦に置いた方がいいだろうと、その方が存在感があるだろうと縦にしたら、中の部品がごろごろと音おたてて箱の中でころがってしまったのです。
そして、娘が音に気づき「パパ、何やってるの?」と言いました。
私は「何にもしてないよ、今帰ってきたところで、もう寝るね」と、何事もなかったかのように答えました。
娘もすぐに寝てしまい、きっと寝ぼけているから大丈夫だろうと、私も寝てしまいました。

翌日、娘が起きてきました。どうやらプレゼントに気づかず2階に降りてきたようです。
「あれ、クリスマスプレゼント無かった?」
「なんかあったけど、あれはパパのでしょ?」
「ちがうよ、サンタさんからのプレゼントだよ。どうしてパパのだと思うの?」
「だって、昨日の夜中にパパが持ってきたでしょ。なんか、触ってたじゃん」
「そ、そ、それは、パパが帰ってきたときにはすでにプレゼントらしきものが置いてあって、何かな~ってちょっと振ってみただけなんだ」
「・・・ふ~ん、そうなんだ。見てくる。」
H24クリプリ (3)
前輪は2つで安定していて、後輪にはブレーキがあります。60kgの私が乗っても大丈夫でした。さすが外国製だと感心しました。


何とか、苦しいながらもしのいだのですが、今度は開けたらたのんだ色と違っていました。欲しい色がアマゾンになかったので「青はお店にも無いみたいだから別の色を頼もうね」と、黒をサンタさんにお願いしたのです。しかし、何とか欲しい色がないものかと探したら、楽天にあったのです。直前に色を変えたから、娘は驚いていました。
「さすがサンタさんだね」
「おかしいなぁ、お店にない物をどうやってサンタさんは買ってきたのかなぁ」
「サンタさんは外国にいるから、外国で買ったんだよ、きっと」
「そうかぁ」

かなり不信がってましたが、うれしさの方が勝っていたようです。

それから本体を取り出し、組み立てて家の前で乗ってみました。すると隣の家の子が出てきて「それどうしたの?」と聞きました。
「サンタさんからのプレゼントだよ。」と娘。
「ほんと?おかしいなぁ、うちには届いて無かったよ。」と隣の家の男の子。
「サンタさん、隣の家なのになんで届けなかったんだろう?」
「きっと、世界中飛び回っているから1日じゃ配り切れたいんだよ。担当が別の人なんじゃない?」と言い訳してみました。
「となりだよ、いっしょに配るでしょ。」
確かにおっしゃる通りです。宅配業者なら必ずそうするでしょう、コストの無駄ですし。
「もしかして、パパがサンタさん?」と娘が核心をついてきました。さすがコナンくん好きなだけはある。
「ちがうよ、だって、パパは髭生えてないもん。」
「○○ちゃんちは、パパとママがサンタさんの恰好をしてお祝いしたんだって。」
それはすごい、そこまでやるか!と妙に感心しつつ、もう言い訳は更なる不信感を呼ぶと思い、「さあ、みんなで遊ぼう!」と言って、気持ちを切り替えさせました。

とりあえず、その場はしのぎました?が、もう来年は直接渡そうかなと思います。
嘘ではありますが、世の中に良い嘘と悪い嘘があるとすれば、私は良い嘘だと思います。夢は持たせてあげたい、現実を知った時、落胆するかもしれないが、夢は夢であっていいものだと思います。たとえ、大人が作ったものだとしても、クリスマスプレゼントは単純にうれしいものだから。
一概に嘘ではなくて、実際にStニコラスという人がプレゼントを配ったことから始まっているので、いいのかなぁと。ただ、サンタの洋服が赤白というのはコカ・コーラの戦略なので、実際とは違うそうです。

ケーキは3時のおやつとして食べましたが、やはりそれも不信がっていました。何でも他人のアドバイスを取り入れてしまう人の好さが裏目に出た1日でした。


おじいちゃんとおばあちゃんからはこちらを頂きました。
H24クリプリ (5)
シルバニアファミリーのガレージのあるお家です。うらやましいです。というのは独り言です。

H24クリプリ (6)
新車まで付いてました。新築と新車なんて・・・うらやましい。
毎日おままごとのように楽しく遊んでいます。

H24クリプリ (4)
箱が部屋を占領しています。なかなか捨てさせてもらえません。

実家から送られてきたとき、お菓子もいっしょに送っていただいていて娘が、「お菓子が一番うれしい!」と言っていました。
そんなものかと、正直な娘の成長を感じました。来年はお菓子にするかと思いつつ、多忙な1年が過ぎました。


余談ですが、後日、娘とキックボードで遊んでいたら、「隣の子はジャンプしてたよ、パパもやって!」と無理難題を押し付けてきましたが、若いころはスケボーやスノボーでジャンプやターンが出来たので、恐る恐るやってみたら、確かにできました。
「隣の子はもっと、も~っと高く飛んでたよ。」
「分かった・・・やってみる」
案の定、転んでしまい、メガネがアスファルトに落ちてしまいました。買って1ヶ月のメガネが、フレームもレンズも傷付いてしまいました。メガネ屋さんに電話しましたが、限定もので保障がないから修理すると新しく買うより高くつくと言われ、しぶしぶそのまま使っています。
もう無理は出来ないなぁと思いました。
スポンサーサイト

<< 初日の出 | ホーム | 流行のPC用メガネ >>


Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。