FC2ブログ

プロフィール

あきパパちゃん

Author:あきパパちゃん
娘と息子と奥さんが幸せに暮らすためには、まずは自分が楽しまないとという、勝手な考えを持つパパです。といいつつ、本当は家族を心から愛する照れ屋さんのパパです。

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

アクセスカウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

メールはこちらから

ご意見・ご質問などお待ちしております

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涙なくしては見られない変身

「涙なくしては見られない変身」

仮面ライダーオーズも終盤に入ってきました。
娘と毎週いっしょに見ていますが、娘が変身する様子を紹介したいと思います。

仮面ライダーに変身するには必ずベルトが必要になります。

娘のベルトはこちらです。
涙ぐましい変身
「???」

これはベルトでしょうか?
トイザラスで売っているのとは大分違いますね。

こんな風に変身しています
涙ぐましい変身 (2)
ベルトは幼稚園でもらったパズルのようなものを繋ぎ合わせたもの。右手にもっているのは鍋のふたです。コアメダルだけ私が買ってきた本物です。

ベルトを購入するとたぶん6千円くらいかかります。この仕様だと、実費300円くらいで済みます。なんて親孝行な娘なんだろうと、涙が出てきそうです。

娘はお菓子以外「買って」って言わないんです。あまり物欲がないようです。奥さんもそうだったと言ってますが、衝動買いが多いような気がするのは気のせいでしょうか。
パパだけ好きなものを好きなだけ買っているように見えますが・・・その通りです。必要と思えば必ず買います。衝動買いではないのです。綿密に計画を立てて購入しています。そして、家族のためというのが大原則です。自分一人で楽しむものは極力さけます。さらに一番費用対効果の高いものを選択します。
言い訳をたくさん並べましたが、要は新しいもの好きなのです。娘の工夫に感心しつつ、私は新しくて便利なものを探し続けます。
スポンサーサイト

おぼんdeごはん

「おぼんdeごはん」

二子玉川の東急ライズに入っているお店です
おぼんdeごはん (5)
定食屋さんですね。開店前から並んだのですが、けっこうお客さんが多かったです。

おぼんdeごはん (6)
メインのおかずです。まぐろをカリッと揚げたものです。

おぼんdeごはん
ごはんはおかわりできます。何杯でもOKです。3種類の中から選ぶので、3杯おかわりするのがベストでしょうか。ただ、かなりお腹いっぱいになるので、少量の方がいいかと思います。

おぼんdeごはん (2)
奥さんと娘はこちらを食べました。うどんに見えますが、確かフォーといくら丼だったと思います。

おぼんdeごはん (4)
なんか、うどんに見えるなぁ。

おぼんdeごはん (3)
親子丼みたいですね。こちらはおかわりできません。

子供連れでも気軽に入れるお店です。さすが二子玉川ですね。子育て世代が多いからね。
東急ライズができてから、けっこう駅周辺が変わりました。住んでみたいと思いますが、生活レベルを維持するのが大変そうです。

自炊するための裁断機購入

「自炊するための裁断機購入」

自炊するためには本をバラバラにしなければなりません。雑誌であれば、ホッチキスの大きいのみたいな金具をペンチで外して真ん中からカッターで半分に切ればOKです。しかし、単行本やハードカバーの書籍などは、やはりカッターでは時間がかかるし、切れ目も美しくないです。
試してみたのですが、見事にダイニングテーブルに傷をつけてしまし、奥様に冷たい視線で見られました。高価なテーブルだっただけに痛い反省でした。

そこでこの裁断機を購入しました。
裁断機 (2)
カール事務器 ディスクカッター DC-210N

通常、よく見る裁断機とは違います。バサッと切るタイプではありません。円形のカッターで滑らせながら切るタイプです。

特徴
・安全です
・安価です
・あまり重くないです
・床の上に置いておいて、小指をぶつけても、まあ、それほど痛くないです
・替刃が安価です

デメリット
・一度に切れる量がそれほど多くない
・細かい切りくずがでます

みなさんが自炊で買われるものの1/3の金額で購入できるので、こちらにしました。

裁断機 (3)
蛍光が意外と見やすいです

裁断機 (4)
最初から替刃がありました。ミシン目も付けられるようです。

裁断機
使用方法が本体に書かれています。

費用対効果でみればなかなかのものだと思います。毎日自炊するような人でなければ、こちらで十分かと思います。

自炊方法などは後日ご紹介したいと思います。

究極のマウスパッド

「究極のマウスパッド」

究極のマウスパッドって?というところで、一般的な価格より高価なマウスパッドを購入しました。
究極のマウスパッド (2)
史上最強のマウスパッド、さらに究極版と書かれています。

究極のマウスパッド (4)
どんなものかと言うと、このように書かれています。思い通りの動きをすること、軽くてまるでエアーホッケーをしているようと書かれています。

究極のマウスパッド
エアーホッケーのように動かすには、これをマウスの背面に張る必要があります。

究極のマウスパッド (3)
見た目は特に変わったところはありません。

〈使った感想〉
・確かに軽い。エアーホッケーというまでには至らないが、通常より手の疲れが確かに減ったと思う。
・思い通りに動くし、画面の端から端まで短い距離で移動できるのも楽。
・レーザーマウスより光マウスの方が動きがいい。

値段に見合っているかというと???だが、確かにこれ以上に動きのいいマウスパッドには出会ったことがない。いきつくところはここなのか・・・。

タブレットPC用スタンド

「タブレットPC用スタンド」

タブレットPC用のスタンドを購入しました。
タブレットスタンド (5)
通常はこの状態。広げると
タブレットスタンド (7)
こうなります。
タブレットスタンド (6)


タブレットスタンド (2)
タブレットを立てるとこうなります。
タブレットスタンド
こんな風に支えています。

タブレットスタンド (4)
角度調整ができます。
タブレットスタンド (3)

折りたためて便利です。底の部分にすべり止めが付いているので、安定しています。外部キーボード打ちする場合は必要ですね。

ICONIA TAB A500を購入

「ICONIA TAB A500を購入」

タブレットPCなるものを購入しました。
ICONIA tab A500 (3)
OSはアンドロイド3.1です。ウィンドウズ版もありますが、価格と使い勝手からこちらにしました。
ICONIA tab A500 (4)
背面には500万画素のカメラとフラッシュが付いています。

特徴
・USBポート、マイクロSDスロット、HDMI端子が付いています。
・いくつかのソフトがプリインストールされていて、ネットを繋ぐ前から楽しめます。
・正面に200万画素、背面に500万画素のカメラがあります。背面はフラッシュもあります。
・画面を固定することができます。(本体を回しても画面そのまま)

ICONIA tab A500 (6)
電源ボタンを2秒長押しで立ち上げます。
ICONIA tab A500 (7)
鍵の形をしたアイコンをタップすればホーム画面になります。

ICONIA tab A500 (8)
ホーム画面です。基本はアンドロイドなので、アンドロイドのスマートフォンを利用している方は、すぐに使えます。

ICONIA tab A500 (9)
このようなゲームもインストールされていて、画面のきれいさを実感できます。

iconiaパンフ
パンフレットの表紙です。

ICONIA tab A500
ネットもさくさくです。

メリット
・ネットとメール、写真を閲覧したり、電子書籍を見るというだけなら、パソコンよりも安価で立ち上がりも早いこちらが便利です。
・スマホでネットするとけっこう疲れます。反応が遅かったり、ピッチを細目に上げたりして面倒なときが多々あります。タブレットは大抵10インチくらいなので、そのままの大きさで十分見られます。
・USBが使えるので、パソコンのキーボードとマウスが使えるそうです。
・USBメモリが使える。SDカードが32Gまで対応している。
・オフィスのファイルも開けますし、簡易的に編集もできます。仕事でも十分に使えます。
・1回の充電で8時間使用できます。

デメリット
・少々重い。寝て見るのは長時間不可。
・画面の反射が強い。指がすべらない。
 (画面の対策として、フィルムを購入しました)
ICONIA tab A500 (2)
反射を抑えて、すべりも良くなりました。エレコム社製。

パソコンとスマートフォンの中間と言ったところでしょうか。パソコンは高くて買えない、でも、ネットは見たいという方にぴったりです。ゲームにも耐えられるグラフィックエンジンを搭載しています。料理のレシピを見るのもいいですし、旅行の計画をたてるのにも役立ちます。周りの人に気軽に見せられます。ビデオチャットもできますし、写真がとれるので、出先でのブログ作成にも便利です。

これからパソコン業界は変わっていくでしょう。パソコンだけでは厳しくなりそうです。

正直、まだ使いこなせてはいません。これから一つずつやりたいことを試して、結果をご報告します。

ScanSnapS1500で自炊

「ScanSnapS1500で自炊」

自炊するため、ドキュメントスキャナーを購入しました。
自炊とは、ごはんを自分で作ることではなく、雑誌や本をスキャナーでパソコンに取り込み、そのデータをpdf化して保存することを言います。

scansnap s1500 (2)
こちらがスキャンスナップS1500です。小さなプリンターのように見えます。
scansnap s1500
A3まで対応、一度に両面スキャンできます。1分間に20枚処理できます。

scansnap s1500 (3)
上蓋を開けると電源が入ります
scansnap s1500 (4)
全部開くとこのようになります
scansnap s1500 (5)

あとは紙をセットして(50枚まで)、本体のスキャンボタンを押せば、後は勝手に取り込んでくれます。

メリット
・紙媒体を電子化できるので、省スペース化が図れます。
・ネットサーバー上にデータを保存しておけば、いつでもどこでも情報を引き出すことができます。
・本棚がいらなくなります。
・検索時間が極端に減ります。

デメリット
・本を裁断するのが手間です
・スキャンは早いのですが、傾き補正等でちょっとお時間がかかり、検索できるようにOCRで処理すると、さらに時間がかかります。その間PCは使えますがフリーズしやすくなります。
・古い紙だと詰まりますし、ホチキスで止めてある書類を間違って入れると、くしゃくしゃになります。

メリット、デメリットいろいろありますが、本当に便利だと思います。さらに、アクロバット9.0が付いてくるのは本当にありがたいです。これでpdfファイルを修正したり、書き込んだりできます。やはり、フリーソフトより使いやすいですし、制度も高いと思われます。あと、pdfをwardやexcelに変換できます。修正は必要ですが、1から手打ちするよりはずっと楽です。

職場でも購入してもらいました。独占状態で申し訳ないのですが、使いこなせるようになったら他部署にも広めていきたいと思います。

自炊に関しては、また後日ご報告します。

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。